頭皮の乾燥、フケを予防する正しいシャンプーの仕方

意外とシャンプーの仕方には個性がでますね。

 

毎日シャンプーしますよね?

 

シャンプーの仕方が間違っていると頭皮には多大なダメージを残します。

 

蓄積されたダメージはいったいどうなるのでしょうか?
頭皮の乾燥、かゆみ、フケ、あかみといった症状となって現れます。

 

どんなに良いシャンプーを使っても洗い方が間違っていれば効果は半減します。

 

早速、頭皮をキレイに保ち傷めずに洗うシャンプーの方法をご紹介します。

 

この方法でシャンプーされた方からは、
「綺麗になってるの?」
「大丈夫?」
「もっと洗った感じがいいんじゃない?」
なんて言われますが、これがいいんです!

 

今までそれだけ頭皮に負担をかけた洗い方だったのです。

 

実際、
わたしも頭皮を傷めず洗うシャンプーの方法で

 

改善されました。安心して実践してください。

 

 
  1. 髪のホコリ、汚れをとっておく=入浴前のブラッシング。頭皮へのブラッシングは避けましょう。頭皮のかゆみ、あかみの原因です。
  2. ぬるめのお湯(38度程度)で十分に頭皮をすすぎましょう。濡らす感覚ではなく流す感覚です。※熱めはダメです。頭皮に過度な刺激はよくありません。余計に赤みが増たり。
  3. シャンプーは直接頭皮につけずに、手のひらでで泡立てて髪全体に馴染むように洗います。
  4. 指の腹を使って揉み込むようにあらいます。大切なのは頭皮を洗うことです。
  5. すすぎは、3分以上丁寧に行います。すすぎ不足が痒みや赤みの原因となることがほとんどです。
  6. 十分にすすいだ後に水を切りトリートメントをしましょう。髪用のトリートメントなので頭皮には決してつけてはいけません!赤みの原因となります。
  7. トリートメントは髪に浸透するの数分かかります。浸透後はよくすすぎます(3分以上)髪に残ってしまうとフケ、痒みの原因になります。

 

シャンプーの回数についてですが、
シャンプーは1日2回はNGです。1回で十分です。
洗い過ぎも頭皮の乾燥を招きます。

 

>>>頭皮を傷めないタオルドライの仕方へ