市販シャンプーは頭皮のかゆみを引き起こしていた!

知っていました?

 

一般的なシャンプーに潜む危険を。

 

一般的なシャンプーには、
大変強い洗浄力を持たせて作られています。

 

洗浄力の強すぎるシャンプーでは、
頭皮に必要な保湿成分まで全て洗い流してしまいます。

 

すでに、
乾燥が始まっている頭皮には刺激が強すぎるので症状が悪化し、
かぶれや湿疹の原因にもなりかねません。

 

市販品ですので当然ながらテストをして商品化されているわけですが、極端に頭皮に悪いというシャンプーは存在しないはずです。

 

頭皮の脂質や肌質は人によって様々です。

 

当然、髪の毛の仕上がりについても重視して選びますね?

 

しかし、仕上がりばかりを重視ばかりして選んでいると「髪には合うけど、頭皮には合わない」という危険が伴います。

 

必ずしもあなたの頭皮あっているわけではないことを理解しておきましょう。

 

シャンプー選びのポイント

フケ対策に適したシャンプーは、自分の頭皮にあった優しいシャンプーと言えます。

 

「優しい」とは頭皮に負担を与えないシャンプーです。これまで頭皮に過度な負担を与えている影響でフケが出ていた場合、シャンプーを変えただけでも、フケが改善される場合もあります。

 
次にシャンプー選びのポイントを紹介します。
 

フケにはアミノ酸系のシャンプー

シャンプーは界面活性剤の種類から、
「アルコール系シャンプー」「アミノ酸系シャンプー」「石鹸系シャンプー」
の大きく3つに分けられます。

いずれのタイプのシャンプーもお店にたくさん並んでいます。それぞれにメリットがあります。

 

フケ対策を意識してシャンプーを変える場合は、洗浄力のマイルドな「アミノ酸系シャンプー」を選んでみるとよいでしょう。アミノ酸系シャンプーの特徴は、他のタイプより洗浄力がマイルドなので、頭皮への刺激になりにくいからです。

 
洗浄力の強いシャンプーは、本来必要な皮脂まで取り除いてしまいやすいので、頭皮をさらに乾燥させフケを発生させることになりかねません。

 

 

また、強い界面活性剤は皮膚に残りやすい性質があります。すすぎが足りないと頭皮に残り毛穴をふさぐ可能性もあります。この場合も頭皮トラブルとして、フケを発生させてしまいます。

 
一度、あなたの今使っているシャンプーの種類を確認してみてください。
 

無難に選ぶならノンシリコンタイプ!

シャンプーにはシリコンタイプとノンシリコンタイプに分けられます。

 

頭皮を改善するためにはノンシリコンタイプを選ぶのがよいでしょう。

 

シリコンが入っているシャンプーは、
洗いあがったあとの髪ツヤを出すためです。

 

ツヤのある髪の毛を維持するためシリコンは大変効果的です。しかし、すすぎが足りない場合シリコンが頭皮に残り頭皮にダメージを与えてしまいます。

 

シリコンは安全な物質とされており、医療の現場でも使われています。
人によって肌質もさまざまです。シリコン入りのシャンプーによって頭皮トラブルが発生する方もいるので頭皮に悩みがある場合は使用しないのが無難な選択です。
 

かゆみや炎症を伴う場合には薬用シャンプー!

「薬用」と書かれているシャンプーは、
肌荒れやかゆみが炎症がとれる有効成分を含んだシャンプーです。

 

シャンプー売り場を眺めていると、
フケ対策に特化した「薬用シャンプー」を見かけることもあります。

 
例えば「ジンクピリチオン」や「二硫化セレン」といった成分は、
抗菌・抗炎症作用があり、かゆみや炎症を伴う頭皮対策に効果があります。

 
頭皮に炎症やかゆみがある場合は、
有効成分の配合された薬用シャンプーを試してみるのもよいでしょう。

それでも改善されない場合は?

アミノ酸系シャンプー、薬用シャンプーを使用してもフケが減少しない場合は、シャンプーに含まれる成分にアレルギーがある場合が考えられます。

 

敏感肌用やアトピー向けの無添加な低刺激性のシャンプーを試しましょう。

 

また、頭皮に刺激を与えるパーマやカラーリングは控え、整髪剤もできるだけ使用を控えるか、毛先だけに着け、頭皮に付着しないように注意してください。

 

それでも改善しない場合は、脂漏性皮膚炎など、頭皮に皮膚疾患が発生している可能性があります。自己判断で間違ったシャンプーを使うと、効果が出ないどころか逆効果になる場合がありますので、一度皮膚科へ通院されドクターに相談することをオススメします。

頭皮に優しいシャンプーの使い方

いくら頭皮に優しいシャンプーを買っても、使い方を間違えてしまっては効果も半減、台無しです。

 

せっかく選んだシャンプーですから、その効果を最大限に生かしましょう。
「よく泡立てて使う」
「頭皮に直接つけない」
この2つを心掛けましょう。

 

頭皮を傷めないシャンプー選びができたら洗い方も見直して見ることをお試しください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

髪も頭皮も傷めないドライヤー術【まとめ】

NO IMAGE

頭皮の乾燥、フケを予防する正しいシャンプーの仕方

タオルドライ やり方

実践タオルドライのやり方!これで頭皮ストレス改善!