実践タオルドライのやり方!これで頭皮ストレス改善!

タオルドライ やり方

抜け毛が酷かったり、フケが出ている方はタオルで頭をふくのが甘かったりしませんか?

そして、髪を乾かすために欠かせないのがタオルドライ。

実はこのタオルドライのやり方一つで頭皮にストレスを溜めてしまい頭皮トラブルを悪化させてしまうこともあるようです・・・。

そんなタオルドライのやり方についてまとめてみました。

髪は早く乾かすが〇タオルドライはゴシゴシ急いだほうがいい?

髪は洗髪後は、傷みやすいから早く乾かした方がいいというのを聞く話。

それじゃ、タオルドライはゴシゴシ急いだほうがいいんじゃない?って思ってしまいまいますが、実はそれがあまりよくないようです。

特に、頭皮の乾燥が気になっている方は、ついタオルドライをゴシゴシしていませんか?

ゴシゴシふくと頭皮だけではなく髪の毛自体も痛めてしまうことになります。

頭皮もスキンケアと同じで風呂上りが一番デリケートな時間帯といえるのは間違いがいないようです。

ドライヤーでササっと乾かす?

タオルドライもほどほどで、ドライヤー使っちゃいなよ。って思ってしまいますが、実はこれもダメ。

長時間ドライヤー使うことで髪、頭皮にもダメージを残しやすいんです。

タオルドライはしっかりしましょう。
ゴシゴシはダメ!

どうしたらいい?というのが気になるところ。

髪や頭皮を傷めず、スムーズに乾かすには下準備が必要です。

タオルドライは下準備を入念に

お風呂に入っている間に、タオルで髪を巻いてターバンのようにしてしまいます。

これは女性がよく見る光景ですが、男性にも効果〇

ドライなタオルを巻きながら入浴します。(15分程度)

お風呂から上がったら、自然乾燥に任せず、髪を押さえるように拭き取りがコツです。

速乾性の高いドライタオルを使うと押さえただけで水分をしっかり取ってくれます。

ついついゴシゴシ拭かないと、水分が取れない。濡れていると感じる方やタオルドライが苦手な方には、今治タオルがおススメです。

使い始めるとこの吸水性と肌触り病みつきになります♪
少々お値段が張るのが痛いところなんですよね。

頭皮トラブルやストレスで髪が抜けるよりも安上がりかも。

あとは、ドライヤーで乾かします。

洗髪後、タオルやドライヤーを使わず自然乾燥のみで済ませていたりしませんか?確かにタオルを巻いてネイルや肌のケアをしている間に、いい感じに...

まとめ

いかがでしたか?

タオルドライは意外と、髪を早く乾かすためには欠かすことのできない重要なファクターです。

このタオルドライ一つで、頭皮や髪へのダメージも極力抑えられ、ドライヤーを長時間使う必要もなくなります。

私が最近使い始めたドライヤーは髪や頭皮に近ければ近いほど効果が感じられるドライヤー。

髪や頭皮が痛むどころか乾燥しすぎることもなく髪もサラッサラで通常ドライヤーの倍以上の速さで髪を乾かすことができますよ。復元ドライヤーです。頭皮の状態が気になる方にもオススメ。

 

当ブログでは、頭皮用美容液「すこやか地肌」の体験談をまとめています。合わせてチェックしてみてください。

すこやか地肌って効果ある?
すこやか地肌は、美容成分と頭皮環境や頭皮状態を整える効果を併せ持ち。洗い流す必要のない頭皮用美容液です。そんなすこやか地肌の口コミを...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

市販シャンプーは頭皮のかゆみを引き起こしていた!

NO IMAGE

頭皮の乾燥、フケを予防する正しいシャンプーの仕方

髪も頭皮も傷めないドライヤー術【まとめ】